「競馬で儲けることは可能か?」
この問いにあなたならどう答えるでしょうか?

競馬で儲けようと考えた場合には、控除率、期待値、大数の法則は必ず意識しなければなりません。
そもそも競馬では、皆から集めた掛け金の内25%(馬券の種類によって多少変わります)をJRAの儲けとして差し引き、残った分を的中した馬券に払い戻しを行っています。

もし競馬予想に掛ける側の腕が影響しないものであると仮定すれば、長く賭け続けると、回収率は控除率を差し引いた75%になる筈です。100円を賭けると75円になるということです。これが大数の法則と期待値です。

ところが、競馬を長くやっていても回収率が75%を下回ることがよくあるはずです。これは何故でしょうか?75%に足りない分は、競馬の予想が本当にできる人の所に流れていると考えるのが自然です。

即ち、簡単には回収率が75%に達しないという事実こそが、競馬がサイコロ投げのようにランダムでは無く、予想という行為が影響することを意味しているものと考えます。

他の誰よりも精度良く予想し、他の人の掛け金を奪うという気持ちで臨まなければ決して競馬では儲けられません。


単にその時の思い付きやカン等で馬券を買っていては、本気で予想している人にお金をあげていることに等しいです。