UMANARI_AI競馬予想(AIは人工知能のこと)

予想の無料公開もあり。UMANARI_AIという人工知能の開発を通して競馬を見ていくブログです。競馬の予想に人工知能がどれだけ応用できるのかを研究しています。

カテゴリ:コラム > 開発・研究

少し前の記事から始めた競輪・競艇と人工知能について、今回は競艇と人工知能との相性を考えたいと思います。
因みに競艇の知識は全くないので、調べながらになります。

競艇と人工知能の相性は?

今ではその名前を聞かない日が無いほど話題(?)になっている人工知能ですが、必ずしも万能というわけではありません。今後研究がより進んで応用できる分野が増えて行くのは間違いないとは思いますが、先ずは現時点での考えになります。
人工知能が威力を発揮するためには幾つかのポイントがあると考えています。早速それを列挙していきますが、あくまで実際に人工知能を開発している視点からですので、人工知能の書籍に書いてあることとは多少違うかもしれません。

過去のデータ数は十分か?

人工知能は数ある過去のデータ(ここでは競艇のレース結果等のレースに関するなるべく多くのデータ)を基に、未来のレース結果を予想することになります。この時、データ数が多ければ多いほど、より正しい予想が期待できます。

例えば、ある一人のボートレーサーがいるとして、過去のレース数が1回の場合と、100回の場合とでは、後者の方が明らかにそのレーサの実力を予想し易いはずです。

調べたところ、一日のレース数は競馬と同じ基本12レースの様で、開催日が多いことから過去のレース数は十分にありそうです。これは人工知能を使うことに対して有利です。

不確定要素はどれくらいか?

人工知能といえど万能ではありません。例えば、考える事象がカオスである場合は人工知能を使っても期待できる結果は出ないかもしれません。
要は、初期値が少し変わるだけで全く異なる結果が出るような場合です。個人的にカオス自体には興味はありますが、実際にカオスが支配的な問題を対象にするのは好きではありません。
話がずれましたが、少し調べたところ、競艇には枠とコースが非常に影響しているようです。
競艇をしたことがある方には常識と言われそうですね。
ただ、枠、コースというデータが結果に大きく影響するという事実は重要です。少なくとも、カオスが支配的ということはなさそうです。

結果 競艇と人工知能は相性良いかも

今回初めて競艇がどの様なものであるか調べてみました。まだ競艇の表面的な事しか分かりませんが、直感として人工知能との相性は良いのではないかと思いました。
調べてみると、競艇には枠とコースが非常に重要で、枠とオッズが面白いほど関係してます。それだけデータと結果に相関があるためと考えます。

おまけ コンピューター予想の実力は?

今回競艇を調べる中で、競艇(もしかしたらボートレースという方が一般的かも?)の公式ページで、レースのコンピューター予想が掲載されていました。
競馬でいえばデーターマイニングの様な物でしょうか?
どうしてもこういうデータが出ていると、その予想がどれだけ正しいのかの検証をしてみたくなります。
競馬の方では新聞やネットに出ている予想がどれだけ正しく予想出来ているのかを、自作の検証ソフトで検証することがありますが、なかなか面白い結果が分かります。とても書けない結果のことも多いです。


今の所、ブログランキングのバナーをクリックしていただく数が本当に励みになっています。
バナーのクリック数がこのブログを続ける原動力になっています。これからもどうぞよろしくお願いします。
人気ブログランキング

ここ暫く、UMANARI_AIの解析バージョンは0.4.0でしたが、現在、バージョン0.5.0にするべく改良を行っています。

次期バージョンでの改良予定点

  • 勝率の予想に加えてもう一つ予想項目を追加
  • 勝率の予想精度の向上

時期バージョンでは新たに予想項目を追加する予定です。この改良で、よりレース結果を予想できるのではないかと思っています。久しぶりに大きな変更となりますので少し時間がかかると思います。

ブログの内容が良いと思っていただけたら、下のブログランキングバナーをクリックしてくださいとお願いしてましたが、思っていた以上に多くのクリックを頂いて本当にありがとうございます。
人気ブログランキング

このUMANARI_AIの開発、ブログの更新は完全なる個人的好奇心で、空いた時間を使って行っており、ブログにコメント欄を設置しての交流に時間を割くことが難しい状況です。出来ることであれば人工知能や情報工学、ソフトウェア開発、競馬好きの方と交流してみたいと思っています。

今の所、ブログランキングのバナーをクリックしていただく数が本当に励みになっています。これからもこのブログをよろしくお願いします。
人気ブログランキング

今回は人工知能についてです。大学や専門学校などで学ぶのとは異なる、実際に人工知能を製作している立場から考えていこうと思います。

人工知能を使うか、人工知能に使われるか?

縁あってこのブログを見ていただいている方の殆どは、人工知能を使う側になりたいと思っている方ではと思います。何故なら貴方が、GoogleやAmazonをはじめとする大企業が社運を賭けて人工知能を研究・実用化しているこの時代、この小さなブログに辿り着いていただけるほど積極的に人工知能を知ろうとされていると思われるからです。ということで、どうすれば人工知能を使う側になれるかを考えていきます。

人工知能を使う側とは?

ハッキリ言いまして、今現在、人工知能には過度な期待に溢れています。人工知能ブームだけあり、本屋には人工知能関係の方が沢山並んでいることをご存知の方も多いのではと思います。こんなことを言うと怒られそうですが、「あなたは本当に人工知能を作成したことがあるんですか?」と言いたくなるような本も多いです。それと、それらの並んでいる本を見て、実際に人工知能を作成できる人はどれだけいるかも疑問です。

人工知能を理解することと、実際に人工知能を作成できることとは全く別次元になります。今注目されているディープラーニングの意味や有効性を知ったところで、実際にそれをプログラミングして利用しない限り、単なる物知りでしかありません。

人工知能を使う側とは、与えられた問題に対してプログラミングを駆使して人工知能をカスタマイズし、問題に対して最適な答えを求めることが出来ることです。

使われる側でも大丈夫です、が

パソコン、インターネットやスマホなど、これまでも様々な画期的な技術が発明されてきましたが、例えばパソコンも、使える人と使えない人に分かれると思います。人工知能もこれと一緒で、使う側と使われる側に自然と別れるだけのことだと思います。

ただし、逆に考えてみると、人工知能を使わないというのは、パソコンが発明されたのにそれを難しいとか分からないからという理由で使わないのと同じことのように思います。パソコンが使える人なら、パソコンが使えないというのはもったいないと思いませんか?それと同じで、人工知能を使わないのはもったいないですよ、と思うのです。

人工知能を学ぶ近道

時々本屋で人工知能関係の本をチェックしますが、沢山ある中で、わざわざお金を出して購入したいと思うのは本当に少ないです。その少ない中で一冊だけチョイスするとすれば、KADOKAWAから出ている「人工知能は人間を超えるか(松尾 豊著)」という本がうまくまとまっていると思います。変にSF的にならず、現実的な内容で好感度が高いです。私も実際に購入しました。

現時点では人工知能の理解はこの一冊で十分だと思います。そして、その次に実際にプログラミングすることを学べる本を選ぶのがよいと思います。


ブログの内容が良いと思ったら、是非下のバナーをクリックしてください。
クリックが増えるとUMANARI_AIのバージョンアップのやる気につながります。
人気ブログランキング

数多い競馬ブログの中からこのブログを見ていただきありがとうございます。

今回は久々のコラムになります。内容は前から計画していた競馬予想用PCを新しくしたことについて書いていこうかと思います。

”新”競馬予想用PCの構成

構成で大切なところ

  • CPU - インテル社 第7世代Kaby Lake-S プロセッサ
  • SSD - システム用と予想(解析)用にそれぞれ独立で構成
  • メモリ -16GB

CPUはコスト重視

勿論、CPUは高速・高性能機種の方が良いです。UMANARI_AIの様な人工知能は基本的に計算に終わりがありません。より高速なCPUを利用することで速く計算が処理できるなら、余った時間でより深い所まで計算することが出来るので、より精度の良い予想が期待できます。

とは言うものの、例えば2倍価格の高いCPUを買ったからといって2倍速く計算できるかというとそうでもなく、どのCPUを選択するかは色々な情報を比較する必要があります。今回、CPUに関しては絶対的な速度よりもコスト重視で選びました。今開発しているUMANARI_AIは、同一ネットワーク上にあるPCで分散処理できるように設計しています。この場合、PCが2台になるとほぼ2倍、10台になればほぼ10倍(!)の計算速度になる様に作ってあります。 一台当たりの計算速度で勝負するよりも、一台当たりは多少計算速度が遅くても、台数による分散処理で勝負した方が、結果的に安上がりになりそうです。この考え方は今どきのクラスター型スーパーコンピュータと同じです。

最新のSSDは速度6倍

次はSSDについてです。今までもUMANARI_AI用にSSDを使っていましたが、まだSSDが出始めた当初に買ったものだったのでHDDよりもマシという程度でした。今回は、SATA接続のSSDではありますが、やはり今までのSSDと比べると雲泥の差がありました。単にSSDを変更するだけで、UMANARI_AIの処理速度が約6倍高速になりました。今後はこのSSDに最適化するようにUMANARI_AIを開発すれば、より高速な処理が可能となるはずです。

メモリはたっぷりで

忘れてはいけないのがメモリです。今回は、DDR4の16GBを選択しました。今後、よりメモリを使いたくなるかもしれませんので、マザーボードはメモリスロットが4本あるものを選択し、先ずは8GBを2枚挿し、空きスロットに増設の余地を残しておくことにしました。

今後のソフト改造で、このメモリをどの様に利用するか考えなければなりません。まさにソフト開発の醍醐味ですね。

今後の開発について

新しいPCで大幅にメモリの容量が増えたので、このメモリを如何に利用して予想の精度を高められるかが勝負となりそうです。

今回はいつもと違って人工知能の応用例のお話をしようと思います。

UMANARI_AIに入っている人工知能は違う目的にも移植可能です。

例えば下の様なおもちゃに入れることも出来ます。



動きを見てもらえれば分かるかと思いますが、動きが人間らしくないですか?

因みに、このおもちゃに入れている人工知能は、UMANARI_AIに入っている人工知能とベースは同じではありますが、データの大きさや計算量には大幅に差があります。

今本屋に行っても、「人工知能のせいで仕事がなくなる」、「人工知能がどの様に生活を変えるか」、「人工知能が世界を変える」みたいな読みものばかりが溢れていて、実際に人工知能を作るという技術本が殆ど無く、また一時のブームで終わってしまうことを危惧してしまいます。

もっと皆が人工知能を自由に使える時代が到来するとよいのですが。

前回に続いて、今回は実際に欲しいパソコンを探してみます。
パソコンを選ぶためのメモとして書いておく目的もありますので、面白い内容では無いかもしれませんが。。

UMANARI_AIの為のパソコンに求めるものを纏めてみます。
  • CPU 速ければ速い方が良し。コア数も多い方が良い。
  • メモリ 容量が多いほど、より深い所まで計算できます。最低でも16GB。
  • ストレージ 高速なSSDがあれば面白そう。
  • グラフィック 最低限でOK。但し、将来的にはGPGPUも興味有り。
  • その他 10日間ぐらい全開で動作できる安定性

とりあえずこんな所でしょうか。


早速、パソコンメーカーのBTOで理想のパソコンを探してみます。


1.EPSONダイレクト

最初は、BTOで人気のあるというEPSONにて、予算を気にせず構成してみます。

  • ベース Endeavor Pro5700
  • CPU インテル Core i7 6900K (最大4.0GHz)
  • メモリ 64GB PC4-2133 DDR4
  • ストレージ 512GB SSD RAID1(1TB×2)
  • グラフィック CPU内蔵グラフィック
  • 電源 1000W
  • 保証期間 6年
  • OS Windows10 Home 64bit
  • その他 Blu-lay Disk ドライブ

これで、総額433,080円(税込、送料込) ※一例です。


EPSONでは、搭載できる最大メモリが64GBの機種を選べるのが特徴です。この構成のパソコンがあれば、現状よりも遥に高速、安定に解析が行えそうです。現在のUMANARI_AIでは、限られたメモリ容量のパソコンでの実行を想定している為、メモリ関連の計算にて速度が低下しています。

64GBものメモリ容量があれば、現状では考えられないほど、深い所まで計算が出来そうです。


2.ツクモ

今度はツクモにて、無難な性能で構成してみます。

  • ベース エアロストリーム
  • CPU Core i7 6800K(最大3.8GHz)
  • メモリ 16GB PC4-19200 DDR4
  • ストレージ 480GB SSD 高耐久モデル
  • グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050Ti / 4GB
  • 電源 650W 80PLUS BRONZE認証
  • 保証期間 1年
  • OS Windows10 Home 64bit
  • その他 Blu-lay Disk ドライブ

これで、総額207,468円(税込、送料込) ※一例です。


メモリ容量が16GBと、もう少し有ると良いようにも思いますが、とりあえずはこのままで使用し、数年後メモリの価格が安くなるのを待って、増設するのも有りかもしれません。


3.ツクモ ワークステーションタイプ

そして、ツクモではワークスステーションも構成できるので、早速構成してみました。

  • ベース ワークステーション
  • CPU  Xeon E5-2697v4 (18コア! 最大3.6GHz)
  • メモリ 128GB PC4-19200 DDR4
  • ストレージ 480GB SSD 高耐久モデル
  • グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060 / 3GB
  • 電源 1000W 80PLUS PLATINUM認証
  • 保証期間 1年
  • OS Windows10 Pro 64bit
  • その他 Blu-lay Disk ドライブ

これで、総額626,724円(税込、送料込) ※一例です。


この構成のパソコン(ワークステーション)が有れば、現状では十分過ぎるように思います。

128GBものメモリ容量を使い切るようなソフトウェアは想像できませんし、考えてみたら、ストレージとのバランスがおかしい気がします。

流石にこの構成は、コストパフォーマンスなどを計算するまでも無く、今の所現実的ではなさそうです。


今回の記事は単なるメモの様なもので、内容は吟味していませんのでご了承願います。

やはり、性能を求めると、その分コストも跳ね上がりました。数年後、このスペックのパソコンが気軽に手に入るようになれば良いのですが。


こんにちは、UMANARI_AI競馬予想をご覧いただきありがとうございます。
今回は久しぶりにコラムを書こうかと思います。
ちょっと堅いタイトルを付けましたが、要は新しいパソコンが欲しいな、ということです。

今売られているパソコンの性能については、例えエントリークラスの性能のパソコンでも、エクセルで家計簿をつけたり、年賀状を作成したり、インターネットを楽しむ為であれば十分と言われています。本格的なゲームをする場合には、CPUやグラフィックボードに高い性能が求められるのですが、これに関してはゲームが推奨するクラスの性能を満たすパソコンを選定すればよく、それほど難しいものではありません。

これらとは別に、競馬解析用の人工知能であるUMANARI_AIは、Windowsパソコン上で動作するソフトなのですが、使うパソコンの計算速度が速ければ速いほどさらに多くの要素を取り入れたり、学習できる為、より正確な解析(予想)ができることが期待できます。

このUMANARI_AIの特徴は、時間を掛ければ掛けるほど深い所まで良い結果を求め続けます。一度解析を始めると、数日間動作し続けることも普通です。この間は、基本的にCPUが全開で動作します。
もし、新しいパソコンが2倍速く動くなら、例えば10日掛かる計算が5日で終わるので、残りの5日間でさらに深い計算ができます。

ちなみに、今の段階でも、同じネットワークに接続したパソコンにUMANARI_AIを入れれば、クラスタ的に解析するように設計してあり、同じ性能のパソコンが2台あれば、ほぼ2倍速く解析を行えるようになっています。実際には繋げていませんが、100台以上は繋げられるはずの設計をしてあります。しかしながら、その分電気代が掛かるので、単純にパソコンの台数を増やすのも考え物です。

今回は、より速いパソコンが欲しい理由を書いてみました。
次回は実際に良さそうなパソコンを探してみます。

↑このページのトップヘ